« 妙高の朝… | トップページ | ランチで… »

2009年3月30日 (月)

鍋倉鍋 薄皮セッション

鍋倉鍋 薄皮セッション
鍋倉鍋 薄皮セッション
鍋倉鍋 薄皮セッション

3/29
焼肉屋での朝を迎える。
自分はアルコールを摂らないけど、たらふく食べて飲んだくれてそのまま落ちる。
そんなプランができるという意味で、ここは割といい。また利用しよう。
朝は、信越さかえでロシさんたちと集合の約束。
少し出遅れた感はあるが、ほぼ時間どおりに集合。
今回は10名のパーティ
ロシさん、ロシ嫁さん、ゆーじさん、よねっちさん、ヒロくん、けんじさん、PJさん、ふうさん、おがちゃん、自分
標高(約)1,300をゆっくりペースで目指す。
概ね1000m程度上げる感じ。
基本的にメローな斜面をベースに、たまに急な斜面が所々ある感じ。
ブナ林なので、雪崩リスクも少なめ。
もりもり降ったその後は、こんなところがちょうどいいと思う。
選択がよいのか、ラッキーなのか。とにかく自分としてはこの場に居れたことがラッキーだった。
登りは、3時間半くらいだったみたいなので、自分としてはまぁいつものまたーりツアーくらいの感じ。
久々にちゃんと登ったなぁ・・・。気持ちいい程度の疲れだわ。
同じ程度の前の登りは長須ヶ玉山の時かな。あれもまたーりツアーなので。
シューのおがちゃんは登りは辛そうだったけどなんとかついて来る。
ロシ嫁さんが全体的に辛そうだったけど、ブナ林の自然を仲間と過ごせたと言う意味では楽しんでいたと思う。
コルに着いたとき、登り返しのため一本滑る。
やー、楽しいね。軽い雪にハイシーズンを思わせる。
ただ、滑り出しの前アッセントモードが解除できず10分くらい格闘したけど。
そしてピーク。到着すると既にテーブルが用意されていた。
ゆーじさん、ヒロくん、よねっちさんありがとう。手際のよさに感動しました。(さすがに慣れてるね)
基本、山で火を使わない自分は全く準備不足。
箸も器もなく、ご迷惑をかけてしまった。でもいろいろ助けてもらってナベることが出来てよかったです。
鍋とかやってたら、ピーク時点でついに15:30を回ってしまい、まだ〆のうどんが残っていた。
PJさんのキボンヌで結局さいごまで食べ切ることに。
最後のスパートはなかなかのものでした。
暖かい鍋に満足しつつ、下り始めたのは16:00チョイ前くらい。
そこからがなかなか楽しかった。
適度にメローで樹間のある斜面はまたーり滑るのに最高。
そして、下るごとに、(気温が下がることもあいまって)雪質変化がオモシロかった。
緩斜面で板を走らせようと、外向しながらのリーニングとポジションの前後移動をしてたら、斜面変化でザクっと両板が刺さり
キレイに前転け。早速カラアゲ君を披露。
やー、難しいね。ポジションを前後に移動するときなんか、前への加減とかあるし斜面変化に合わせてそのまま谷へ体を落とすと、雪もちょっと重たいってこともあり刺さっちゃうね。
でもそんなところがオモシロい。
その後だんだん雪の重さも増し、加えて固さも増してくる。
この難易度、なんか癖になる感じですな。
最後は、生コンもかなり固まりコンクリートに近づいてきてました。
エッジを使うとかなりやられちゃいました。この雪、難しいからなんかクリアしたくなるね。
車にたどり着いたときは、そろそろヘッドランプが必要か!?と言うタイミング。
津南の温泉に入り、南魚沼でごはんを食べて帰宅。
なんだかんだで、疲れたね。
でもまったりしたツアーで気持ちいい疲れだわ。
薄皮ツアー、また参加したいね。今回はソフトツアーと聞いてるので、ハードツアーも参加したい。
ウルトラコーススプリントツアー、ビバークツアーは自分にはまだ早い。
写真は、森太郎(ブナ太郎)、森姫(ブナ姫)、晩ご飯。

|

« 妙高の朝… | トップページ | ランチで… »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

テレマーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鍋倉鍋 薄皮セッション:

« 妙高の朝… | トップページ | ランチで… »