« ガーラ6時間耐久トレイルレース応援 | トップページ | リハビリの皇居ランと江戸川橋 »

2009年8月24日 (月)

谷川馬蹄形ファンラン

谷川馬蹄形ファンラン
谷川馬蹄形ファンラン
谷川馬蹄形ファンラン
谷川馬蹄形ファンラン
谷川馬蹄形ファンラン
8/23(日)

今日は谷川馬蹄形コース日帰りの予定で朝から準備する。

さすがに前日の疲労が隠しきれない。

予定より少し遅れて、取りついてからのスタートは7:40となった。
約二時間で白毛門に到着。
なかなかペースはあがらないが約1200mあげる急登のため後半の事を考えるとこのくらいでちょうど良いと思う。そして約30分で笠ヶ岳、続いて40分で朝日岳に到着する。

この辺りからは走りやすいトレイルのため、ペースもあがる…つもりが自分だけが突出することになる。

天空に広がる極上トレイルと眼下に広がる絶景は何とも言えない感動がある。

滑りやすい箇所や細い稜線など、感動と緊張感に走っててワクワクする。

しかしながら、パーティ全体のペースがも一つあがらない。
昨日の疲れや、寝不足などたくさんの要因はあるだろう。
清水峠に到着がお昼。
って事で明るい内の帰着は難しいと覚悟する。
1315くらいに七ツ小屋山で進退判断をすることになる。
現状について隊長に報告メールを打って先に進む。

体調の悪いロシさんとちょっとだけ快走する。

結局、蓬峠からエスケープルートで下ることにした。

途中の水場で天然水をいただく。
鉱物臭いがうまい。

そのまま白樺避難小屋、武能沢を経由して見張り小屋を抜けて土合橋へ。

後半、よねっちと二人旅。
緩やかな速さで無理なく快走する。

何だかいいねえ。

土合に着いたが隊長はいなかったので、連絡が着いてないと考えてスキー場アナウンスで連絡してもらう。

しばらくして隊長の帰還。

どうやら茂倉まで迎えに来てくれていたようだ。
ショートカットしてしまって申し訳なかった。

足を傷めたようで予定より時間がかかったようだ。
隊長のほうがよほど大変だったようだ。

何はともあれ、無事に合流できてよかった。

虻の湯で汗を流し、沼田で塩トマトラーメンを頂き、帰路に着く。

夜が遅くなってしまったので、エイキチさんに家まで送ってもらう。

夜遅くにありがとうございました。

次回はこそ馬蹄形リベンジですな。

ヤマレコ、記録しておきました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-44852.html

|

« ガーラ6時間耐久トレイルレース応援 | トップページ | リハビリの皇居ランと江戸川橋 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

トレイルラン」カテゴリの記事

友・出会い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷川馬蹄形ファンラン:

« ガーラ6時間耐久トレイルレース応援 | トップページ | リハビリの皇居ランと江戸川橋 »