« ファンランのはずがスパルタンK | トップページ | わらじ味噌カツ丼 »

2010年6月 7日 (月)

トレイル・ジョガー、デビュー!

トレイル・ジョガー、デビュー!
トレイル・ジョガー、デビュー!
トレイル・ジョガー、デビュー!
トレイル・ジョガー、デビュー!
トレイル・ジョガー、デビュー!
6/6(日)

天賦の才を持つオトコ、チーム薄皮の三杉淳こと、u-j君の本格的なトレイルデビュー。

去年の日帰り槍BCスキー後、夏のチーム薄皮応援団長を務め、昨シーズンの冬のために少しずつ力をつけてきた彼の想いはついに本格的なトレイルを走ると言うところまできた。

冬のためのトレーニング要素がメインであるのはチーム薄皮共通の考え方。
しかし、それはそれとして同じトレーニングなら楽しくやりたい。
って事で山で遊ぶためのトレイルラン。

今回は、Rosiプロデュースの那須岳で華々しくデビュー。

メンバーはペースを上げすぎない事も考えつつ、でらりん隊長、はるさん、コースディレクターのRosiさん、超絶好調のダビデ像・ダンディーけんじさん、けんじさんにしごかれてボロ雑巾のようなオイラの全6人。

ルートは、那須ロープウエー乗り場から峰の茶屋跡、茶臼岳、峰の茶屋跡、朝日岳、北温泉分岐、三本槍岳、大峠、三斗小屋温泉、沼原分岐、那須岳非難小屋、峰の茶屋跡、那須ロープウエー山麓
と17キロくらいか。

まずは、快適なトレイルのみを楽しんでもらおうと、u-jさん、けんじさん、自分はロープウエーで山頂に。
でらりん隊長率いる以下2名は徒行にて出発。
茶臼岳山頂で合流しましょう。とお別れ。

ロープウエーだと早く到着しすぎるだろう、と直接茶臼岳に向かわず、牛首から迂回する。
峰の茶屋跡には40分くらいかかったが最初から飛ばすと後半が辛いだろうということと、体が暖まるまではスローペースがいいだろうということでまずはトレッキング。
牛首のところからのトラバースで走りやすいところをゆっくりジョグ。
そう、u-jさんは、ランナーではなくジョガーなのです。

1000頃、山頂で合流したわけですが、でらりん隊は既に到着し5分ほどお待たせしてしまった形。
なんでも、隊長の登りの速さが光った楽しいのぼりで好ペースだったとか。

いや、さすが。

合流後、みんなで移動。
まずは朝日岳を目指します。
今日は、でらりん隊長とu-jさんがメインって事でまずは隊長が先頭を行く。
が、予想以上に速く、休まない。
先週よりも確実にパワーアップしてるのがよくわかる。
結果、隊長に引きずり回される形であっという間に山頂へ。
ボロ雑巾のようなオイラにはキツかったですw
いや、まだまだれんしうが足りませんね。

そして、三本槍まではそのまま好ペースで向かい、真打ちu-jさんの登場。
平地、下りをメインで先頭やってもらったら…、速い速い。
危うくちぎられそうになるほど。
さすがにテクニカルな路面への対応は抜群に巧く、体力を使わない効率的な動きでペースが落ちない。
ビギナーじゃなくて完全に中級者(領域によっては上級レベルですよ。マジで)の素晴らしい走り。
調子がいいのでそのまま沢を横断するところまで先頭をやってもらうが、そこは春のヤブ漕ぎBCで慣れたもの。
難なくみんなをひっぱる。

こりゃ、本当にすごいわww

最後は温泉まで登って延命水をいただき帰路につく。
さすがに最後はみんな疲れてきたがちょっとまったり目の、しかし好ペースの一日。

行動時間は5時間20分くらい。

ちょっと大変だったけど、みんなの成長を確認できた一日だった。

やばい、みんなすごすぎる。

うかうかしてられないなと気持ちを新たにする切っ掛けとなった。

その後、殺生石を観て鹿の湯で入浴。
鹿の湯は、硫黄泉で洗い場のないお湯。
男性風呂は、41℃、42℃、43℃、46℃、48と別れていて43℃迄は快適だがそれ以上はなかなか厳しい。
自分は46℃迄はなんとか入れたが48℃は片足浸けた時点でノックアウト。
u-jさんは、それでもなんとか肩まで浸かり、40秒ほど耐えた。
さすがです。

帰りにとんかつを食べたら、帰りの車で爆睡。

昨日の疲れと相まって死んだように眠ってしまった。

ゆるゆるのつもりが、大変なトレーニングだった。

みなさんまたよろしくお願いします。

|

« ファンランのはずがスパルタンK | トップページ | わらじ味噌カツ丼 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

トレイルラン」カテゴリの記事

友・出会い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トレイル・ジョガー、デビュー!:

« ファンランのはずがスパルタンK | トップページ | わらじ味噌カツ丼 »