« 楽しい遠足のはずが、ロードの洗礼と初リタイヤに。 | トップページ | 志賀高原トレイル50K »

2011年5月18日 (水)

鳥海山登頂とビス抜け

鳥海山登頂とビス抜け
鳥海山登頂とビス抜け
鳥海山登頂とビス抜け
鳥海山行ってきました。

過去二回は途中まで。
今回こそはと登頂を目指して臨んだ。
メンツはいつもよりもにぎやかな八名態勢。
金曜の夜に集まり、イザ東北へ。
東北道は開通してるがつなぎ目の段差が結構残っていて地震の影響の大きさを実感する。

DVD観るべ、と臨んだが睡魔にやられてウトウト。
エイキチさんすいませんでした。
道の駅で床についたのは4時前。
場所は天童で、鳥海は日曜日って事にした。

土曜日の朝はゆっくりで、妙なバスやらをよそに蔵王にでもと赴く。
それにしても風が激しい。
そして雪の気配がない。

結局お釜観光でおしまい。
5人は馬の背経由でその先の熊野岳山頂まで。

自分はエイキチ号でDVD。

ちなみにソフトはエヴァ。
観たことなかったので。

ときどきのびたの解説をもらいながら理解をすすめる。


山を下って昼ご飯はお蕎麦。
で、オサレのべたが旅行中の靴チェンジを希望するので、ウニクロでショッピング。
その直後、○流通センター的な店を通り過ぎ、あべしマート、ワックマンを発見する。

天童でお風呂入って、今夜は焼肉!
たらふく食って、メチャ安い。
爽金龍で盛り上がる。

道の駅でお休み。


早朝移動で酒田経由で祓川へ。
結構時間かかったが、雲の上で天気は抜群。
除雪が不十分で下のPからスタート。
祓川ヒュッテから10時前リスタート。
さくさく登るが、避難小屋前でやじぃが早々のリタイヤ。
エイキチさんを途中で待って続いて登る。

爆風ゾーンは、滑りやすく、雹が飛んできたり苦戦する。
13:30過ぎに登頂。
ろしさんは、10分くらい前に登頂。
自分に続いて20分内で全員登頂。
新山にチャレンジするが、風が強くて、コンディション微妙。
ふうちゃん残したまま時間をかけるのもよろしくない。
って事であきらめて下山。
さすがに強風にさらされて寒くなってきた。
さあ、大斜面大回りだ!
って2回ほど滑って200m程落として、次滑り出して間もなく訳も分からず転倒。
あれー、金具外れたかー。
と周りを見ると板がない。
まさか?と下方を見ると板のみが滑走してる。
ヤッベ!
片足で滑ってみるがさすがに斜度がきついと無理。
滑って歩いてって降りてると、仲間も気付いてくれて板探しを始めてくれた。
すいません。ご迷惑をおかけします。

しかし広範囲に広がってくれたがその先を見ても見当たらない。
そこで途中に目を凝らして見ると怪しげなものが見えた。
ビンゴ!
発見して、が金具がない。
まさか?これは?
と、足元を見ると金具が付いている。
がっくり。もはや滑って降りられない事が確定したのだ。

捜索チームは怪訝な雰囲気で見ている。
金具ごととれました。

みんなも状況理解してくれた。

歩いて降りるので、みなさん楽しんでください。

あまり待たせないように急いで降りる。
ところどころで時間調整で待ってくれているのが心苦しい。
ペースをあげなければ…。
急斜面ではブーツの滑りも含めかなり早いペースで降りた。
こりゃ、スノートレランですな…(笑)

なんとか、全体的には遅くはなったがあまり待たせないで降りれたかな。

14:30過ぎにはなんとか下山。
アクシデントはあったが、下りで1時間チョイってところか。


象潟の道の駅でお風呂をいただき帰路に着く。
帰りは順調にみんなちょっと午前様くらいで無事帰宅。

なんだかんだ楽しかったなー

|

« 楽しい遠足のはずが、ロードの洗礼と初リタイヤに。 | トップページ | 志賀高原トレイル50K »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1008603/40040737

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海山登頂とビス抜け:

« 楽しい遠足のはずが、ロードの洗礼と初リタイヤに。 | トップページ | 志賀高原トレイル50K »