« Road to UTMB | トップページ | UTMBレースの道程 »

2011年9月 4日 (日)

UTMB'11

約2年前に出場を決意してからついにこの時が来た。
ウルトラ・トレイル・デュ・モンブラン

世界最高峰のトレランレースの一つだ。
トレイルランナーの誰しもが一度は憧れるレース、山愛好家の誰しもが一度は憧れるコース。
レーススペックは100マイル46時間制限、累積標高9000mオーバーというとてつもないもの。

レースに臨む思いは「Road to UTMB」にて綴った。
http://tompety.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/road-to-utmb.html
今回はあまりにも深く・沢山の思い出があったため日記にしたためる事はできないが簡単にその流れを綴ってみる。

8/20 成田にてRosi、よねっち、チバ、はる、べっちー、自分、文が集合。
   文ちゃんは別便で早々にお別れ。hiromiさんも別便でターミナルも別のためこのときは会えず。
   hiro君がご夫妻で見送りに来てくれた。ありがとう!!
   手続きを済ませて12時間くらいでウィーンへ、ここで乗換え。
   ウィーンからパリCGDへ到着。
   ここで文ちゃんと合流。やじいとも合流予定だったがフライトに遅れがあったみたいで見当たらず、携帯使用不能でプチトラブル。
   数分後無事合流し送迎タクシーで一気にホテル前まで。
   ホテル到着は21:00過ぎと概ね予想通りか。
   近くの食事可能なバーで軽く会食。自分の頼んだ”スパゲッティ”はうまくなかったがこれも旅の思い出。


8/21 朝からパリ観光。ここでべっちーさんが早朝からジュネーブに発つ、しばしのお別れ。
   まずはみんなでモンマルトルを散策しつつ朝食。ホントは朝からベルサイユ宮殿に行く予定だったはずだったけどなんとなく流れでそんな感じに。
   それもみんなとの旅の面白いところ。
   ロープーH氏のオススメのパン屋さんがことごとく開いておらず思わず苦戦(笑)
   カフェでモーニングセット的なものをいただきご満悦。
   そうこうしてるとパン屋が開いてちょっと物色。その後サクレ・クール聖堂を見学し、パリ市街を臨む。
   さて、ここから別れて観光しますかとよねっち、はるちゃん、文ちゃんと4人で行動。
   ベルサイユ宮殿に向かうが、チケットおよび入場で約2時間半ほど時間を費やしてしまい、強い日差しに消耗させられる(笑)
   並んだ甲斐のある宮殿内の充実に満足。庭園は購入したチケットの関係で観れなかったけど時間的にもちょうどよかったかも。
   庭園は庭園で充実してたと思うけどね。そこはRosiさんのアルバムで見たいところ。
   パニーニを買い、帰りの列車でいただきつつパリへ。
   エッフェル塔、セーヌ川、ノートルダム大聖堂を堪能し、凱旋門へ。
   その後待ち合わせのレストランで夕食をみんなでいただく。(hiromiさん、やじい、Rosiさん、ちばっちともここで合流)
   日本人スタッフのレストランでおいしい夕食をいただいた後、モンパルナスタワーで夜景を見ることに。
   このタワー、言ってみればサンシャイン60ってところだけど11ユーロもするのはちょっと複雑な心境だった。
   夜景は抜群だった。日本ほど高層ビルがなくて見通しがよいのがポイント。


8/22 朝から観光。この日はモン・サン・ミッシェルへのバスツアーのためちょっと早めに。
   朝買ったパンを食べながら移動し、集合場所近くのカフェでコーヒーをいただいたらバスへ。
   途中のサービスエリアでトイレ休憩を挟み、ボーノン村に立ち寄り、オムライスをいただき世界遺産のモン・サン・ミッシェルへ。
   素晴らしい史跡を感じることができて感動の一日だった。


8/23 いよいよシャモニーへの移動。
   この日はTGVでジュネーブへ行き、(今回は意味ないけど)ジュネーブ空港からバスでシャモニーへ。
   ジュネーブ空港でべっちーさんと再会する。
   そして1時間半ほどしたところでシャモニーのホテルへ。
   そこには、エイキチさん、でらりんが既にチェックインし我々を待ってくれていた。
   感動の再会です!!
   みんなで遅めのランチをいただきシャモニーの街を散策。


8.24 シャモニーの朝、この日と翌日は観光。
   エギュイ・ドゥ・ミディに登り、メール・ドゥ・グラス氷河までトレッキングしてランチ。
   氷河見学後、モンタンヴェール列車でシャモニーへ下る。
   この時の写真は、カメラ忘れてありませぬ。。。。他のメンバーの写真を見てくださーい!!(笑)
   下山後、そういえばレース受付があるってことで早速臨む。
   パスポート忘れて出直すときにかいちゃんと会話。出直したときneklingさんと一緒に受け付け受け付け終了!!
   その後、Rosiさん、ちばっち、でらりん、べっちーさんもこの日に受付に来るw


8.25 朝からモンーニングランで近所を走るとTDSのスタートバスに居合わせる。
   食事後、残りメンバーのレース受付。
   その後、ブレヴァンからの景色を堪能する。


8/26 いよいよレース当日。
   早朝にCCCの移動バスの都合から見送り。応援隊も同行する。
   午前中に二度寝したところで、UTMBのスタート時間およびコース変更の連絡を受ける。
   中止じゃなくてよかったと、午後から少しずつレース装備の準備を行う。
   午後のパスタパーティでがっつりいただき、夕食もパスタをいただき23:30のスタートに備える。
   スタート会場は、CCCのゴールとかぶって雨の上大混雑で大変。
   直前にやじいが行方不明に、やじいを探しに行った文ちゃんも規制に引っかかって戻って来れず。。。(悲)


8/26-28 UTMBレースは雨のスタートだったが、ペースを上げすぎない様に抑えてRosiさんと共に歩む。
   エイドでの歓迎や、コースの素晴らしさに走ることが楽しくて仕方ない。
   ペースはそこまで上がらないが大丈夫。最後までいける!!
   40km付近でRosiさんの膝に違和感が出て、ちょっとペースが落ちるが魂の走りでなんとか中間点クールマイヨールまで。
   お昼前に到着できたが、自分はこれ以上ペースは上がらず、Rosiさんも痛みが激しく厳しい戦い。
   エイキチ・よねっち隊とはセーニュ峠かコンパル湿原あたりで1.5時間差という事なので、その後の登りとスキー場からの下りで2~2.5時間は開いてるはず。
   予想よりは多目の休憩(50分程度)をとってしまうが、後半戦を二人で頑張ることにする。
   応援隊の支援は素晴らしく、お味噌汁などいただくことができて本当に感謝している。やじい、文ちゃんありがとう!!
   ベルトーネ小屋までの登りは800mほどあげるだけだが、灼熱地獄のため非常に堪えた。
   ボナッチ小屋までのトラバースは思ったより長く消耗させられた。
   アルヌーバからフェレ峠はイタリアエリアの一つのクライマックス。非常に長く大変な闘いだった。
   フェレ峠からの下りも長かったが、ロキソニンで麻痺させたRosiさんは一気にペースアップしそれについていくのが大変だった(笑)
   フーリ以降スイスエリアはコース変更があり、特にシャンペ湖からは山岳エリアではなく市街地エリアに変更され
   総距離170km、累積標高9700mとなったと聞く。ただし制限時間は19:00とされていたのが21:00ということがSMSで連絡あった。
   モンテ峠なしでその累積標高ってどんなコースだ!?と思いながらも誘導されるままにコースを進める。
   マルティニ前後は睡魔との闘いだったが休まず歩みを進める。
   トリアンまで到着し、残り20km。
   バロルシーネまでの下りは特にRosiさんにとっては厳しい闘い。じっくりと歩みを進めるもさすがに多くのランナーに抜かれ悔しい思いをする。
   さて残り15km弱、走れそうなところは走り難しいところは歩きながら進み、アルジェンティーネを抜けてからはあと少し。
   しかし最後に微妙なトレイル。最後の頑張り。だが、思うように歩みを進められずストレスがたまる。
   予想より遅れてはしまったけど間もなくシャモニーへ。
   痺れを切らしたちばっちが出迎えにトレイルまでw
   合流後しばらく歩き、ホテル前を過ぎてからゆっくり走り、凱旋ラン。
   文ちゃんとも合流し、シャモニーの街を走りぬけゴール!!!
   正午は過ぎてしまったけど37時間弱、240位でゴール!!
   スタートからゴールまでの二人旅。苦しいところ、調子よいところと色々あったけど二人だったから乗り切れた気がする。
   Rosiさん今回も一緒に走ってくれてありがとう!!!
   ゴールで出迎えてくれたべっちーさん、はるちゃんありがとう!!
   時間間に合わずゴール姿を見せられなかった、でらりん、hiromiさん、やじい、力不足でごめんなさい。
   フィニッシャーズベストをいただき、ICを外し、20ユーロを返してもらい宿に戻る。
   甲斐甲斐しくお世話してくれる出迎えてくれたメンバーに感謝しながらレース後の片付け、入浴、睡眠を果たし残りメンバーの出迎えに。
   エイキチさんよねっち、nekolingさんのゴールを出迎え感動させてもらう。
   最後の晩餐を過ごして翌朝のチェックアウトに備えて眠る。。。が既に深夜(笑)


8/29 バスでジュネーブ空港へ。
   大荷物を置いて、ジュネーブの散策を半日ほど行いパリへ。
   文ちゃんとはここでお別れ。色々支援してくれてありがとう!!
   オルリー空港からCDG近くのホテルまではタクシー。
   就寝前にRosiさん、よねっちと少し話しつつ床につく。


8.30-31 ホテルにて早い朝食をいただく。
   CDGではちょっと時間をとられるが、無事手続き完了。
   エイキチさんとお別れし、残り6人は往路と同じくウィーン経由で成田へ。
   成田ではHIRO君が再び出迎えてくれていた。
   成田からはそれぞれのルートで帰宅した。


長いバケーションだったが、充実しすぎていて大満足だった。
みんな長旅ありがとう!!

|

« Road to UTMB | トップページ | UTMBレースの道程 »

スポーツ」カテゴリの記事

トレイルラン」カテゴリの記事

レース・大会・イベント」カテゴリの記事

友・出会い」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1008603/41493176

この記事へのトラックバック一覧です: UTMB'11 :

« Road to UTMB | トップページ | UTMBレースの道程 »