ニュース

2010年8月 2日 (月)

糠平岳の救助の件

ヌカビラ岳で12人動けず
(8月2日 12時33分 NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100802/k10013107141000.html
----

北海道、去年に続いてまたまたニュースになりましたが・・・。
登山は危険だ、と言う印象を植え付けられそうだけどやっぱり
ブームも手伝って、安易なパーティが増えているんだろうなーーー。

知識・経験か体力などかでなんらかリスクを回避するための土台は必要だろうし、
それがない人は事前の準備などでしっかりといろんな状況を想定したいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

テコンV

見覚えのあるキャラクターだが・・・・。
やはりパクリング?
1976年ということは・・・某アニメの数年後か。。。

----
「どこかで見たことある!?伝説のコリアンロボットアニメが日本公開決定!」
(シネマトゥデイ 2010年6月3日 16時51分)
http://www.cinematoday.jp/page/N0024788
--
[シネマトゥデイ映画ニュース] 韓国初の本格ロボットアニメにして、1976年に公開されると同時に大ヒットを記録した長編アニメ映画『テコンV』が、デジタルリマスター版としてとうとう日本で公開される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

(再)イス爆発事件

あ〜〜、思い出したね〜〜。
この寒気のするニュース。。。。
月3件は驚きだな・・・


----

●座椅爆炸致女子被炸・ 大量碎片嵌入身体
(http://www.sina.com.cn 2010年05月13日14:32 China Foto Press)
http://news.sina.com.cn/s/p/2010-05-13/143220265111.shtml
--


●イスが突然「ガス爆発」 日本でも起こりうる恐怖
(2009年02月27日11・20分 / 提供:J-CASTニュ・ス)
http://news.livedoor.com/article/detail/4037442/
--
中国でパソコン用のイスが突然爆発し、少年が死亡する事故が起きた。これを受けて、ネットでは驚きと恐怖の声が広がっている。日本にも中国製のイスはかなり輸入されていて、事故が起きる可能性がないとはいえない。

●原理説明みつけた。
http://midorino-denshi.com/report002.aspx

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

上海万博・・・その後

いろいろありますが・・・・
こういう記事ばかりみてると、中国人が「卑しい人種」と感じざるを得ません。


----

■【上海万博】ぶっちゃけると初日から過疎(かそ)ってました
( PhotobyRocketNews24Staff/本誌記者撮影(情報提供:ロケットニュース24)【社会ニュース】 2010/05/12(水) 16:18 )
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0512&f=national_0512_034.shtml
--
 世界中から多くの人たちが訪れている上海万博。5月1日の開催スタート日には開場前から行列ができ、スタートしてみれば中国パビリオンや日本パビリオンに長蛇の列。4時間待ちも当たり前の状態と報道されている。すべて嘘ではない。報道されていることは、何一つ間違っていない。
 しかし、上海万博レベルの大規模なイベントとしてみると、その来場者数も微々たるものであり、行列も一部のパビリオンに偏っているだけなのである。


○【関連記事・情報】
 ・【上海万博】やっぱり中国人は並ばなかった! 割り込み祭り
 ・【上海万博】食堂スタッフ達の上海万博終了後の運命とは
 ・【上海万博】欧米人というだけで大人気! 中国人に写真撮影を頼まれる(2010/05/11)
 ・【上海万博】入り口付近が自転車だらけ! 撤去する予定はない(2010/05/08)
 ・【上海万博】香港パビリオンでドサクサにまぎれて入場する人たち(2010/05/08)
----

■上海万博の入場者、12日は17.81万人
(エクスプロア上海 〔2010年05月13日掲載〕 )
http://www2.explore.ne.jp/news/articles/14403.html?r=sh
--

○関連記事
 ・上海万博のチケット購入箇所が増えました コンビニでも(10/05/12 08:40掲載)
 ・夜の上海万博会場もまた趣があります(10/05/12 07:35掲載)
 ・市内各所の上海万博インフォメーションセンター(10/05/10 14:25掲載)
 ・馬当路ゲートでの万博入場券発売中止(10/05/07 11:28掲載)
 ・上海万博、1人あたりの外食飲食代は平均66元(10/05/07 07:30掲載)
 ・登録済ませましたか?上海万博無料チケット+交通カードプレゼント(10/05/07 07:10掲載)
 ・本当に国全体が盛り上がっているのか上海万博(10/05/06 16:41掲載)

○エクスプロアブログ・トラックバック
 ・[我が愛しの上海へ]上海万博、団体でいくのも悪くない2010/05/12
 ・[上海ワルツ]そもそも国家発展モデルがパクリ2010/05/09
 ・[上海ワルツ]ダフ屋の誤算 2010/05/08
 ・[我が愛しの上海へ]華人人口130万人2010/05/06
 ・[我が愛しの上海へ]イベントができない国民性?!2010/05/05
 ・[上海ワルツ]ナント!もう諦めた?万博が入場者数速報を停止 2010/05/05
 ・[我が愛しの上海へ]上海万博、工夫点と問題点2010/05/02
 ・[我が愛しの上海へ]ラジオ出演のお知らせ(日本向け)2010/05/02
 ・[上海ワルツ]1年前の予測通りになった2010/05/02
 ・[我が愛しの上海へ]今日は万博行きますよ〜2010/05/01

----

■上海万博出足低調124万人 『大阪』超え黄信号
(東京新聞:2010年5月9日 朝刊)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010050902000056.html
 【上海=小坂井文彦】開幕して八日で一週間が過ぎた上海万博への出足が低調だ。万博事務局によると、七日間の来場者数は約百二十四万人で、単純計算だと会期末までの総来場者は約三千三百万人に。「大阪万博の約六千四百万人の記録を抜いて七千万人を呼び込む」と、中国が威信をかけて臨んだ国際イベントの成功に黄信号がともっている。


----

■広東旅行団の万博ルポ〜レストランの値段に吃驚仰天
(エクスプロア上海 〔2010年04月26日掲載〕 )
http://www2.explore.ne.jp/news/articles/14333.html?r=sh
(中略)
午後5時ころ、歩き疲れた一行は食事できる場所を探した。陳さんら3人は”・江南”という名前のレストランで席に着くことができた。ホッとしたのもつかの間、服務員の言葉に耳を疑った。
「3名様なら最低消費1500元です」
高すぎるどころではない。ましてや料理一品の値段は50〜60元程度、3人でいったいどれほど注文しろというのか。しかし店のマネージャーはうちはこれでやってますと言い張るばかりだ。
陳さんら3人はこの店で食事をするのをやめて次に”代官山”というレストランに入った。ここでは1杯のラーメンが100元、ほかにセットメニューが6種類だけでそれらもすべて100元以上だった。
--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

ざわ・・・ざわ・・・

●39億円は大当たりか故障か、スロットの支払いめぐりカジノと女性が対立。
<2010/03/31 18:59 Written by Narinari.com編集部>
http://www.narinari.com/Nd/20100313326.html
米国やマカオなどのように、外国では一大レジャーとして賑わいを見せているカジノ。そんなカジノで現実とはかけ離れた大金を掴んだという話はしばしば聞かれるが、先日、米国のカジノでは、スロットマシンで約4,200万ドル(約39億円)という巨額のジャックポットが発生した。この大当たりを引き当てた女性や周囲の人々は、とんでもない金額に大歓喜。ところがその後、店側が「機械の故障」を主張し、女性は賞金を受け取れない事態に陥っているという。

----
ひどい話です。
ギャンブルの現場、しかもカジノでこれはない。

「カイジ」を一から読ませなくては!!


⇒借金における誠意なんて、これはもう誰が考えたって一つしかないのだ…………
 内臓を売ろうと、強盗をしでかそうと何をしてもいいから、要するに………
 期限までに、金を返すことだっ…!

⇒究極のところ、こう言い切れる…
 人間は二つのうちどちらかを口にしていると……
 虚か、実か?ブラフか、真意か?

⇒言っちゃ悪いが、奴ら正真正銘のクズ……
 負けたからクズってことじゃなくて
 可能性を追わないからクズ…!

⇒世間というものはお前らの命……
 人生のことなど知ったことじゃない興味があるのはお前らの金……
 お前らからいくら搾り取れるか…
 それだけだ……………………!

⇒きさまらっ………
 きさまらっ………
 きさまらっ………
 それでも人間かっ……!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

足利事件で思うこと

●菅家さん無罪確定 裁判長、頭下げ異例の謝罪
 日本経済新聞 2010/3/26 10:40 (2010/3/26 13:30更新)
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E0E6E2E0978DE0E4E2E1E0E2E3E29F9FE2E2E2E2?n_cid=DSGGL001
 栃木県足利市で1990年に起きた「足利事件」で、無期懲役確定後に釈放された菅家利和さん(63)の再審判決公判で、宇都宮地裁の佐藤正信裁判長は26日、無罪を言い渡した。検察側は同日、上訴権放棄の手続きを申し立て、菅家さんの無罪が確定した。逮捕から18年3カ月を経て、冤罪(えんざい)を生んだ審理は終結した。


----
「無罪」って事はそれでいいけど、自供させた警察の取調べのやり方や、退職したから関係ないって当時の関係者の責任はどうなるのか?
これって業務に対する責任をとるって事は考えなくて良いのかな?
どこまで遡るのかって議論はあるとして、例えば人事の採用って、成果をみるのが難しいようにその仕事を評価することは難しい。
凶悪事件の取調べなど、容疑者から犯人に確定すればもしかしたら警察の仕事は終わりなのかもしれないけど、人ひとり(被害者)のための必死の捜査をしたりしてるなら人ひとりの冤罪のための謝罪ってのもあって良いと思う。
裁判官、検察は謝罪したとして、警察も謝罪するとかした方がいいかも。

ライヤーゲームでゴールドラッシュゲーム(金塊強奪のゲーム)やってたけどあのルールでは中身をチェックするのに失敗(濡れ衣だった場合)慰謝料を支払うルールだったのを思い出した。
人を逮捕したり裁いたりする権限を持った仕事には責任が伴う。
そしてそれが誤っていた場合、それなりの謝罪ってのは必要だと思う。
税金で仕事をしている人たちにも、親方日の丸時代の終焉を認識してもらいたいな。

と思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

スピードスケートの高木選手一人だけの卒業式

●スピードスケートの高木選手、一人だけの卒業式=在校生らが計画
(jjijicom 2010/03/24-13:08)
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2010032400433
バンクーバー五輪に出場した後も海外遠征があったため、北海道幕別町立札内中学校の卒業式に出席できなかったスピードスケートの高木美帆選手(15)の一人だけの卒業式が24日、在校生や同級生らが出席して行われた。
----

いい話だねぇ〜・・・。
ちょっぴりホッとする記事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

イルカ漁問題

「ザ・コーヴ」監督「知能が高いイルカの殺害はアウシュビッツに等しいが、家畜は問題ない」
http://www.tanteifile.com/newswatch/2010/03/18_01/index.html
----

えー、相変わらずこの手の件は理解できない今日この頃。

クジラ、イルカは保護すべきだけど、牛や豚はどうでもいいっていう、欧米人特有の理屈。

自分が思うのは命の重さに差はないってこと。

この記事でもあるけど、知能で評価するなら、知能の低い人間も死ねばいいって理屈と変わらない。
じゃ、何を以って知能の高い低いを評価しているのか?
結局は人間の考えた基準でしかない。科学的な事実ではあるのかもしれないけど、それが全てではないだろう。

例えば、ペーパーテストで人の価値を決めているのとなんら変わらない。
ある切り口・視点ではその評価は正しいだろうし、それによりいろんな序列が決まって整理しやすくなるけど、人の価値や、命の重さまで評価してるわけではないと思う。

元々、白人の下に他の人種がいるくらいの価値観しかないやつらなので、そもそもの視点がズレてると思う。
奴隷として生まれた人間は所詮奴隷なんだから何してもいい。って考えが形を変えてもいまだに残っているとさえ感じる。

家畜とされている動物も、家畜とされていないものも人間以外には命を奪われるのは食物連鎖の輪廻の中だから。
人間だけが、必要以上に命を奪って商売をし、しかも廃棄までする。
そこに正義も道徳もを感じることはできない。

なのになぜ、知能が高いとされる生物だけを頑なに保護しようとするのか。
自然界全体のバランスを考えると、知能が高い生物はより少ないほうが良いと思う。

少なくともイルカ漁などの話をする前に、アメリカの大量消費によるムダなどをもっと削減する方向の話をしてほしいと感じる。

人それぞれ考え方があるので、誰がなんと思っても良いだろうが自分はいつもこの手の話を聞くとがっかりする。

結局は、大儀の元に主張しているモノは、自己満足でしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

オラクルクル

http://www.oracle.co.jp/campaign/kurukuru/

・・・。


このほろ苦い感じ、なんなの?

こんな安っぽいコンシューマ向けのテイストって、ちょっと新鮮だけど、微妙じゃない?


安くクルって、単位がミリオン以上の中で実感ないよね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる・・・アジュールとMS の行方

http://enterprise.watch.impress.co.jp/docs/series/infostand/20100208_347737.html

以前から話題になってるアジュールがついに正式リリースされたようです。(今日知りました)
まぁ、去年の夏のセミナーでも宣伝してたから順調に準備できたようではありますが苦労もしてるみたいですね。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1002/17/news005.html

パッケージとオープンソース、時代の流れに合わせて柔軟な対応ができればMSはよりすばらしい発展をするだろう。
今まではちょっと傲慢にやりすぎだよね。
そんな意味でクラウドは、今後の市場を変える要因の一つだと思う。


クラウド自体、まだまだ熟成してない技術・仕組みだけどとても可能性を感じるのは事実。
ネットワーク、セキュリティなど検討すべきことは多々あるでしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)