映画・テレビ

2010年8月25日 (水)

金正日の映画

金正日の映画
府中でやるみたい。興味あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

らくらく山登り(「ためしてガッテン」より)

驚き!超ラク山登り術 絶景を味わう科学ワザ
http://cgi4.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20100714

印刷用レポート:
http://www9.nhk.or.jp/gatten/pdf/program/P20100714.pdf
----

ハリテンさんのブログから。気になって内容確認した。

いつもいっぱいいっぱいですからw


歌いながら登るのはちょっとハズいが・・・、要はいつもどおりしゃべりながらってのがいいんだな。きっと。
そして下りには地下足袋ですか・・・。確かに足裏感覚は重要。でもガレ場はずえったい嫌だ。
今の時期は暑すぎて無理だけど土の山では地下足袋は試したいところ。
さらに補給に味噌汁とな。誰か言ってたな、そう言えば。。。。
フラスコに持っていくのもありか!?

なるほどなるほど、ガッテン!ガッテン!
検討はしてみますが、実践はちょっと考えます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

熟成味噌タンメン

熟成味噌タンメン
北千住に新しい店あったので試した。

蔵味噌屋ってラーメン屋。
基本は味噌味、こってりみたい。

自分はあっさり少なめで試した。650円。
うまかった。

ただし、味噌味はズルい。
味噌だけで普通に旨いから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

テコンV

見覚えのあるキャラクターだが・・・・。
やはりパクリング?
1976年ということは・・・某アニメの数年後か。。。

----
「どこかで見たことある!?伝説のコリアンロボットアニメが日本公開決定!」
(シネマトゥデイ 2010年6月3日 16時51分)
http://www.cinematoday.jp/page/N0024788
--
[シネマトゥデイ映画ニュース] 韓国初の本格ロボットアニメにして、1976年に公開されると同時に大ヒットを記録した長編アニメ映画『テコンV』が、デジタルリマスター版としてとうとう日本で公開される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

ようやく見ました「ミラクルボディ第二回 ジャンプ 空飛ぶ“魔法使い”」

http://www.nhk.or.jp/special/onair/100212.html

“ジャンプ界のハリーポッター”と呼ばれるシモン・アマン(スイス)のヒミツを探る。
おおお、こんなバランス能力があるのかぁぁぁぁ~~~~。

身体能力等考慮すれば、シュリーレン・ツァウアーの方がはるかに優れている。
それでも、絞り込んだ肉体と、脅威のバランス感覚、精緻なタイミングを武器に闘い続ける。

二人の戦いは見ごたえがあり、興奮した。

風とひとつになれるフライヤー、アマン。
その恵まれていない体のためにアルペンスキーヤーになれなかったが、ジャンプについて天賦の才能を持っていた。
ただ、その出会いは幸運なものではなく不幸の中の偶然だったようだ。

チャンスと言うのは、ふとしたところに転がっているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さばとスパモニ車

さばとスパモニ車
さばとスパモニ車
昼はさばやき(定番です)

やっぱ青魚だなー。
うまうま。

動物性脂はとってないぞ。


そういえば、今朝目の前の青い銀行の前にスパモニの車を始め10台近い車が停まってたけど、なんかあったっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

ようやく見ました「ミラクルボディ第三回 フィギュアスケート4回転ジャンプ」

http://www.nhk.or.jp/special/onair/100214.html

ブライアンジュベール(仏)のあくなき挑戦。
完璧と言えるほどの踏み切りと空中姿勢が素晴らしい。

失敗の減点を恐れて確実な延期を狙う選手の中で、唯一4回転に拘り失敗しても挑戦し続けるところが彼のすごいところ。

ハイスピードカメラでみたそのモーションは理想的な動き。

そして日本にも、同じく4回転に挑戦する選手が。高橋大輔選手だ。
彼は怪我に悩まされ、柔軟性を増したせいで跳ぶ時の感覚が狂ってしまい、新たな感覚を覚えるために3ヶ月の特訓でようやく再度跳べるようになる。
うまく跳べなくても次につながるチャレンジを続ける姿勢は素晴らしい。

常に最高峰の技に挑む選手からは多くのものを学ぶことができる。

いい番組だった。。。。感動した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

水戸黄門も・・・

●由美かおる見納め、水戸黄門
(ココログニュース- 2010.04.13 17:01)
http://news.cocolog-nifty.com/cs/article/detail/blog-201004131511/1.htm
定番時代劇『水戸黄門』で24年間レギュラーを務めた由美かおるが、4月12日に放送を開始した第41部を最後に降板する。4月5日にTBSで行われた会見で発表された。「人生は一度きり。違うこともやってみたい」という由美自身の意思を尊重して決まったという。ネットでは降板を惜しむ声が溢れている。

----

かつての水戸黄門メンバーがまたひとり。。。
それにしても由美かおるもアラカンでしたかーーー。
素敵ですよねーーー。とてもアラカンには見えないです。

そろそろ水戸黄門自体終わりが近づいてるのかも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

ようやく見ました「ミラクルボディ第一回 滑降」

http://www.nhk.or.jp/special/onair/100207.html

ようやく見れました。
渡米中にHDDに録画したやつですけど。。。

アクセル・スピンダル、すごすぎる。。。

その前に、名前が・・・スピード競技で「アクセル」って似合いすぎじゃね?
ノルウェー選手なので、英語のアクセルとはちょっと違うのかもしれないけど。。。
かっこよすぎました。


「限界のリミッターを少し外す」って。

トップレベルの選手ですらこの表現なのね。

自分から見れば、リミッターなくね?ってレベルに見えるのに。


もはや、脳内での闘い。自分自身との闘い。
これって、(マンガネタだけど)Bleachの虚化会得のための内在闘争と似てる気がした。


自分を高める事、攻めるって事、挑戦するって事はこういう事なんだと感銘を受けた。

そして、スキーって、滑るってこういうことなんだと目からウロコな面もあってよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

新社会人へのメッセージCM

新社会人へのメッセージCMが流れてました。
http://www.asahiinryo.co.jp/newsrelease/topics/2010/pick_0329-2.html

CMだけど、作られてるものだけど、なんか伝わるものがありました。
意外と良かったです。

そのうちYouTubeで流れるかな。まだチェックしてないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)