ロゲイニング

2010年11月30日 (火)

朝霧高原ロゲ×氷穴×狭山スキニーナイツ

先週の週末

11/26(金)
 今シーズン初のスキニーナイツ。
 テレのお客さんは2組居た。それなりにうまし。
 自分は転けまくる。今回は30%程度転けないで滑れた。
 まだまだ練習が必要だ。

11/27(土)
 池袋で、ちばっち、げんぴろさん、ツカさんをピックアップしていざ朝霧へ。
 hiromiさんはお見送りw おやつつきで。
 早々と現地に着いたので、富士山周辺を観光。
 とりあえず氷穴でも見ますかと、行くが実にあっけない。
 氷も融けちゃっててちょっぴりがっかり。
 景色はいい感じ。去年の富嶽周回で走ったところも確認できてよかった。

 現地にて、
 読図講習は例によって村越先生。
 毎年受けてる気がするが、講習自体がレベルアップしてるなーー。
 今回は帝王が山での解説をしてくれた。
 おもしろいが、なかなかハードな斜面で屈したドロドロ。
 思ったよりもハードな山行でしたよww

 晩御飯の後は、アドベンチャースポーツの世界ってプレゼンテーション。
 今回の内容は、今年のロゲ世界選手権の様子と、山岳スキーレースの紹介だった。
 プレゼンテーション担当はロゲの方は当然ながらTEAM阿闍梨、山岳スキーは佐藤さんとベチコだった。
 山岳スキーのギアなどに興味を持つ人が意外と多くてそれも面白かった。
 
11/28(日)
 ロゲ当日。
 本日は5時間のロゲ。
 チームは、ネコさんと二人。
 他は、ちばっち&ベッチー、ツカさんとげんぴろさん。
 どうなることか。
 地図が配られ、近場にポイントが多いのが特徴だがここはやはり走力を活かして山間部を狙っていきたい。
 ということで、ペースを見ながらまずは24、20、25をとりに行く。
 ネコさんの走りも疲れてるとはいえ悪くない。
 が、24に行くにあたって私有地を通過しなければならず迂回を余儀なくされた。ここで5分のロス。
 そして20のポイントが意外と見つけにくく捜索に15分かかってしまった。
 25は問題なし。だがこの時点で1時間45分経過していたので、これ以上の山間は厳しい。
 特に思ったよりもペースが上がらないことが問題となりそうだったのでこれ以上の登りは止めたほうが良いと判断。
 ということでルート変更して高原地帯へ移動する。
 27、17、22、12、18、10、6、5ととり、1の豚汁ポイントへ。
 ここで3時間半経過。うーん、やはり全体のペースが上がらないので時間経過が早い。
 とりあえずと、豚汁をいただくと疲れも回復。おいしくてついつい2杯もいただいてしまう。
 ネコさんもかなりやられてきてる。
 16、29をとって残り1時間チョイ。
 このまま帰ると今までのペースなら30分近く余らせる事になりそうなので2、21、14をとって廻って帰ることにした。
 が、これが大失敗。
 これまで以上にペースが落ちてきて、2はとり損ねたが、21をとって道路を渡る時点で残り40分ほど。ヒー。
 14に抜ける道を急いで進むも、道がなくなりただのヤブに。いやヤビングは良いが500m近い藪はちょっと危険だと判断し戻って別の道へ。
 この時点で15分程度ロス。14をとった時点でタイムオーバー。
 後はオーバー時間を如何に抑えるかだが、ペースは上がらない。
 ネコさんも頑張るがさすがに厳しい。。。
 結局29分遅れでゴール。一応結果は残ったが最下位から2番目。
 厳しい結果であった。ホントごめんなさい。
 それでも、なんとか楽しめたから良かったかな。
 ちなみにげんぴろさんがEカードを紛失したって事件も裏であったとか。
 ちばっち&ベッチーが唯一まともなゴールをしたが点数はさすがにのばせず。
 イロイロ反省は多いが、またみんなで出てみましょう。
 帰りにまかいの牧場で牛乳やソフトクリームなどをいただき帰路に着く。
 渋滞は52kmほどあったので一般道で帰る。
 さすがに疲れたーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

TREKNAO「松代城址ロゲイニング」二日目(大会当日)

TREKNAO「松代城址ロゲイニング」二日目(大会当日)
TREKNAO「松代城址ロゲイニング」二日目(大会当日)
TREKNAO「松代城址ロゲイニング」二日目(大会当日)
5/9(日)

朝四時起き。眠ぅ〜…。

顔洗ってアンダー着る。
で、膝テーピング体が起き始めたらごはん。
って5時前に準備整う。
ぶぃーんってスタート会場に移動してゼッケン受け取る。
チーム薄皮からは
抹茶:よねっち、hiromiさん
小倉:ちばっち、自分
の2チーム参戦


自分としては今までロゲ仲間が居なくてソロばっかりだったので結構新鮮。


地図が配られ、作戦タイム。
大まかな流れをプランニングしようとするがチームでの走力・スタミナ得意フィールドとパフォーマンスなど把握できている情報が少ないこともあり手を付けるところがわからない。
自分は電車を使うとしてもワンウェイでガツンと山を攻めていきたいがスタミナと所要時間から確実にやれるって確証もデータもなくまずはイケそうなコースでブロックを捉える。
左下の稜線、中間の山間部、松代エリア南部、松代エリア北東部。
しかし険しさとチーム力のバランスとブロックのつなぎ(時間配分含む)が思いつかずプランニングできず。
あっという間に時間が過ぎ、まずはちばっち案をベースに何となくスタートする。
まず戸倉迄の電車移動。
そのためにスタートから40分の時間つぶしが必要となり、最後の調整用のポイントの内西側を軽くつぶすことにする。
1
3
5(開場時間前により取得できず)
12
20
28


帰りに19あたりとれればなんて想定。
走力により8、24って選択肢も考える。
結果としては28ポイントで現在地の把握を間違え5分ほどロス。
この時点で8時前、電車まで25分
切符を買う事も考えると5分前到着が必要となる。

ロードを走っている場合、思ったよりもペースが遅いことを感じていた。
28に向かう時に意外と時間がかかり、基本巡行速度の下方修正を考えていた。
これはなかなか厳しい戦いかも。

結局28からの帰りは結局何も拾えず。


電車で戸倉まで向かい山間部に突入。
ここで抹茶と合流し行動パタンが似ているのを認識する。

戸倉からは90から北上する稜線を行くが、38、36ってのが選択となってしまう。
しかし、16、32の標高が意外と低いことから上からのよりも下からのアプローチの方が有利で、そこまでの平行移動の速度を考えると36から降りて回り込んだほうが他のポイントをとりつつもほぼ同タイムで行けるであろうと考えた。
が、稜線の巡航速度が読めないため一旦保留でまずは45まで、そして五里ヶ峯トンネル上の分岐までのタイムで判断することにしようと考えた。
このとき、タイムが遅ければ38へ突入して下るパタン、概ね予定通りなら36へ降りるパタン、更に速ければ38ピストンして36へ降りるパタンを想定。
意外と早く到達でき、38ピストンして36へ降りることに。
しかし36のトレイルは踏み跡が薄く、しかもテープと杭も怪しいが地形と方向のみ確信が持てる状況。
一人ならかなり突っ込んでみても良かったがチームの場合、その代償を負わせるのはちょっと厳しい。
と言うことで、慎重に相談して決めた。
稜線の落ち込みで藪が濃くなりすぎていて不安となったので一旦戻って確認してみようと、分岐まで戻り、路になっている跡がないか探すもそれはなかった。
無駄に時間を費やすのはよくないと言うことで地形と方角の確信に加えて、一応存在するテープと杭を信じることにして痩せ尾根から外れないように進んだところコル発見。
そして36を発見する。
この後の取得順も二人で案を出しあってうまく調整できた。
そのまま30、6、25と取得するが二人ともそれなりの疲労であり、雰囲気的に再度山間部に登ると言う発想になっていなかった。
まず32へ向かい、そのまま16へ。
この後で電車に乗って松代エリアに戻り取れるだけとっておくような流れとした。
(まぁ、時間的に後半戦入ったばかりなのにこの弱気が大失敗だったのだけど・・・)

屋代に着いたのは13:10過ぎで、まず切符を買い、電車の出る13:40まで残り20分、ホームに10分前には居るとしても15分の余裕。
って事で二人でソフトクリームを食べるためコンビニを探す。
望みどおり、ってわけではなかったけど普通の市販のソフトクリーム(ちょっと固め)がありそれをいただき、駅のホームでリフレッシュ。
あまりできていなかった補給をしてイザ松代に。
しかし、時間を相当余らせてしまっているのでとれるポイントが足りなくなっていることに気づく。
で、少々遠いが27、40を取得するなど平地移動でエリアを広げてみる発想に切り替える。

ここで、ちばっちの提案で松代よりも金井山まで移動すれば27は近いってことでロスが少ないことを発見。
すぐにその案に切替え、27、40と取得し、松代駅に向かう。
取り残したポイントを片っ端からとる。
が、それでも時間が余ることに気づいていたため、19、17あたりはとろうということで考えるが、どうもちばっちは疲労度を気にして保守的になっている。
それも理解できるので近づいた時点での時間をみてエリアを考えようと提案。
結局、
2
10
17
5
ととった時点で残り1時間45分
これで19はとれることが明確となり向かうが、さすがに更に24というのは午前中に思った以上にロードで時間がかかっていたこともあり提案できず。
二人の疲労もそれなりだったこともあり19をとった時点で残りは1時間20分くらいあったのに更に遠くに行く発想が出なかった。

おとなしく7、4をとってゴール。
ゴールタイム16:11 ・・・・って、50分弱余らせてどうする。。。
二人で即反省タイム。

で、マップを広げてちばっちが愕然とする。31が見えてなかった。
19行くくらいなら31をピストンして時間みて19とるとか考えればよかったと後悔。

確かにその通り。

後から色々思うが、今回の反省点はこんな感じだと思う。
・南西部の稜線で展開したようなブロック毎のルートを更に拡大し制限時間に最適化した大まかなプランニングの検討
・隠れポイントなど、見逃さないように折り目に気をつけたりメモをしておく
・走力の調整はするとしても、時間の7割くらいまでは攻めていく気概を持つ
・無理に公共機関を使うなど考えず、最初にとるべきルートを決めた上で局所最適の中で利用を検討する


チーム戦としては初めてだったけどうまく協力してルート選択などができて良かった。
走力も大して変わらないので安心して進むことができた。
(後で聞いた話では、若干オーバーペースだったとか・・・・。しかしロードでは自分もいっぱいいっぱいでしたよ。。)

で、リザルト
チーム薄皮小倉:5位(563点)
チーム薄皮抹茶:7位(522点)
初参加ながらナカナカの好検討ではないでしょうか。

※クロマニオンズは今回16位(466点)でしたが、チームメンバーの不調等により早目に切り上げたための結果です。本調子なら自分たちは敵わないでしょう。

リザルト : http://treknao.com/matsushiro/result.html


その後、TEAM阿闍梨 (村越先生チーム)、A-Team Dai&Naoki (帝王チーム) の今回のコース選択と考え方、レース運びの状況など披露いただきました。
結構参考になることも多く次に活かせればと思いました。

最後は19近くの温泉で入湯&食事をして帰路に着き、終始コース検討でしたーーー。

みなさんお疲れサマでした。
また、みんなでいきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

TREKNAO「松代城址ロゲイニング」初日

TREKNAO「松代城址ロゲイニング」初日
TREKNAO「松代城址ロゲイニング」初日
TREKNAO「松代城址ロゲイニング」初日
TREKNAO「松代城址ロゲイニング」初日
TREKNAO「松代城址ロゲイニング」初日
朝から松代へ。
渋滞もなくすいーつと到着。10時過ぎ。

まず甘味を堪能。んまー。

そしてランチで蕎麦食らう。

午後から、読図講習会。
村越先生、田島さんによる親切な講習。
うーん、ためになった。

夕方にふぉふさん達と合流して温泉入って夕食。

明日はうまくルーティングできるといいな。


取り急ぎそんな感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

秦野×鶴巻温泉×模擬ロゲ・トレ

秦野×鶴巻温泉×模擬ロゲ・トレ
秦野×鶴巻温泉×模擬ロゲ・トレ
秦野×鶴巻温泉×模擬ロゲ・トレ
秦野×鶴巻温泉×模擬ロゲ・トレ
朝からちばっちと秦野へゴー!

舞台は弘法山ロゲのマップを使わせていただき、ゆるゆるロゲ練習。
まずは弘法山までアプローチして、現在地の把握。
って、これが意外と時間がかかった。
ちばっちはちゃんと地図が読めるのでうまく相談しながられんしうできた。

ペースは遅目だけど、ルーティングとか考えながら取り組む。

スタート位置はとりあえず暫定で200として、何となくナビゲーション練習。
37、80、35、36、60、50、38、90、160、48、100、32、31、42、44、47、39、43、46、40、140
って回ったけど、取得順の効率性とか気付くことができて、後半に反省する。
道迷いなど反省点は、
48へのアプローチで脇道を無視して行きすぎてしまった
32、31はフラッグがなかったって事もあるけど普通に通過(止まって確認できなかった)
45取り忘れ
40へのアプローチでアスファルトに出てしまった。
80を取ったこと忘れたと
ってたくさんある。

フィールド中2/3ほど行動できたのでよかったが時間は4時間かかった。
二人の足並み揃えつつ、キツ過ぎないいいトレーニングだった。
ロゲは実際にナビゲーションの反復をしないと上手くならないね。

終了後は、鶴巻温泉でまったり。
オイラは汚れ物の洗濯もやっちゃう感じで。

鶴巻温泉の駅の前では春祭り。
二人でお好み焼きをいただき帰路に着く。
あっという間に眠くなる。

はー疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

テレマークコンテスト申し込みました

http://surf1205.sakura.ne.jp/taj/wp-content/uploads/2009/12/contest-omote2.pdf

えーと、遅くなったなーーって思って慌てて申し込んだけど期限が延長されてましたーーー
http://surf1205.sakura.ne.jp/taj/

↓ってのが載ってましたーーー
----
2010年3月15日更新
技術コンテストの申込締め切りを延長しました。締め切りは
3月25日(木)
まだ間に合いますよ!
----

前日は、どこで滑るかね。

出場される方、どうぞ宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

クラブカップオリエンテーリング大会二日目

クラブカップオリエンテーリング大会二日目
クラブカップオリエンテーリング大会二日目
クラブカップオリエンテーリング大会二日目
クラブカップオリエンテーリング大会二日目
今日はリレーに参加。
フォフさんが決めたオーダーで一番スタート。
とりあえず、手堅く整置しながら進む。
周辺情報の助けもあり、40分でゴールする。
ラッキーだった。
チームのテンションも上がり、応援にも力が入る。

他のメンバーは、コース的には簡単な設定がなくて苦戦してた。

帝王、獣の動向も非常におもしろかった。
帝王は、どんなに急いでいてもコーラの時間は外さない。
それが帝王の威厳と言うものかも知れません。
ちゃんと、立ち止まって飲む。
獣は、野性そのものといった走りで他の追随を許さない。
あの筋肉はホレボレします。

終わって焼きカレーをいただき、あとでコースの検討会をした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

クラブカップオリエンテーリング大会初日

クラブカップオリエンテーリング大会初日
クラブカップオリエンテーリング大会初日
今日はダウンヒルミドルに参加。
フォフさんに誘ってもらったが、初のオリエンテーリングで何だか難しかった。
設定は、決して難しいものではないが、地図を初見で見てナビゲーション。
何だか慌ただしい。
とりあえず前半は大きな問題はなかったが、スタート位置を見つけるのに時間がかかった。
登りも山もそれほど難しくはないが、この焦る感じがちょっといやかも。

後半はぐるぐる回らせられる中で方向感覚がおかしくなるのを実感し、ここで初めて整置の重要性を理解する。

遠回りなどのミスを大きなのを二つ、小さなのを二つくらいやって10〜15分ロス。
結果ゴールは56分。
今回は走力に助けられました。

終わって、上田の町でラーメンをいただき、鹿沢のキャンプ場でお風呂をいただく。

テントはって、鍋をいただき満足の一日。

明日はリレーだなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

駒ケ根ロゲイニング

駒ケ根ロゲイニング
駒ケ根ロゲイニング
今回は、いつもどおりのロゲイニングとおいことで満点はとれない前提。
高得点のためのルーティングが重要だが、スタミナの考慮により展開は大きく変わる。

今回のフィールドは、高速道路沿いから比較的平野部に展開するエリアと、駒ケ根高原からさらに高度を上げ池山山頂を目指すエリア。

大別すると、パワーコースとナヴィゲーションコースと言うことになると思う。

最初の作戦では、ナヴィゲーションコースの展開を考えたが、パワーコースを少し狙ってみようと、急遽作戦変更した。

後から考えると、これが大きなミスだったように思う。

さすがに山頂までは行けなかったが山間部はほとんどとれた。
ただ、登力やスタミナが足りなくて予測よりも時間がかかってしまった。
32をとった時点で一時間かかってしまった。
しかし少し欲を出してさらに高度を100mあげてみた。
下りに向かったのは1時間17分からだったので予定から20分くらい押している。
そこで、下りはヤビングして時間短縮。
102をとった時点で1時間28分。
ナヴィゲーションエリアがどのくらいとれるかが重要だと思いつつも、残った脚は少なめ。
パフォーマンスは確実に落ちている。

しかも、ここに来て大きなミスをおかす。
46にアプローチしたのが上からだった事もあり、見つけられず。
そこで10分くらいロス。
その後54をゲットしたのち、62を探しに行くが、時間が押して焦ったかここも見つけられず無駄に10分くらいロス。
下からのアプローチじゃないと難しいのか。
プランとしては上記に加えて82迄はゲットするつもりだった。

時間も遅れて、ゴールもドボンしてしまった。
結果65/66と散々だった。

フィールド自体楽しかったのと、コース選択で高低差が少ないほう(今回は点数的にも違いがあった)を選ぶとか、アプローチの方向とか色々学ぶことあった。

それにしても、この競技出てる人って、自分みたいなズブの素人って居ないのかな。

ご飯は、信州御膳を頂き満足な一日。

帰りは、快適ドライブのはずが一宮御坂辺りから渋滞って事みたいだったので一般道をのんびり帰る。

初めて山梨を走ったが色々驚く事があり、なかなか侮れない街だと思った。
たとえば、
性風俗博物館って何?
男厨食堂って食堂が
ハッピードリンクショップって自販機団地が…
枯葉色のハイエースがやたら多い
等です。

高尾過ぎたあたりから、土砂降りに遭い大変だった。

今回もなんか楽しかったなぁ。

トップ選手のルートも参考になるし。

でも、やっぱり失敗するとへこむなぁ。
ナヴィゲーション、うまくなりたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

駒ケ根入り…しかし

駒ケ根入り…しかし
駒ケ根入り…しかし
駒ケ根入り…しかし
なんとか駒ケ根入りしました。

が、今日は何もできず。

どうも、ここ数日の寝不足が効いてて朝の時点では行動不能。

でも、明日はロゲインなのでロングドライブで250km。

駒ケ根は、霧ヶ峰、おんたけともに近いところで去年年度も見た景色が…

駒ケ根高原家族旅行村に到着してこぶしの湯をいただく。

軽く散策して今日は終了。
あー、明日走れるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月31日 (日)

乗鞍55ロゲイニング・チャレンジ

乗鞍55ロゲイニング・チャレンジ
乗鞍55ロゲイニング・チャレンジ
雨のなかの開催。
テンションは上がらないが、ゲーム自体おもしろいのでやる気になる。

今回は、パーマネントコースを使うので、コンプリートのチャンスは十分にあるとのこと。

マップが配られるが、久々で何やっていいかちょっと戸惑う。
あ、ペン忘れた。
想定ルート書き込めないわ。

自分の作戦は、3ブロックで攻略をする形。
大きくスキー場を境に南北に分け、南部を東西に分ける形。
南東ブロックは、5、8、14、40、45、44あたりを含む。
南西ブロックは47、46、50、52、54、55あたりを含む。
北部ブロックは車道沿いのポイント群。

単純に割り当てられたゾーンを少しカスタマイズした形。

とりあえずスタートするが、何となく南東部のブロックを攻め始めた。ルート確認をしながらちゃっちゃとポイントゲットしていく。
途中、ルート選択を誤る。

1.44と45の取得順により2分くらいロス
2.47の見逃しとリカバリで3分くらいロス
3.50の位置確認に戸惑い、2分くらいロス
4.51をとるために再度49まだ戻り3分くらいロス
5.54に向かうときに廻って53に戻ってしまったため10分くらいロス
これで、ルーティングのみで20分くらいのロスがあった。
タイム的には2時間48分だったのでまだまだ時間短縮できる事がわかった。

今回、やっちまったのは12と38の取り忘れだった。
3分くらいの追加時間で取得可能だっただけに悔しかった。
おかげで27/36としょぼしょぼの結果でした。
ゴールしたときはコンプリートの気分だっただけに残念だった。
普通のロゲイニングでは、あえてとらない選択があるが、今回は意識が少なくとりこぼしてしまったので意味が違う。

やっぱ、ペンを忘れたのが敗因か…

ルーティングについては、アップダウンの考慮の精度が悪すぎると感じた。
10mの登りでも、少ないほうが良いに決まってる。
普段、気にせず直登、ショートカットをしてしまうがどっちが早いか、スタミナロスが少ないかをもっと意識したい。

今回、よかったのは決して飛ばさない・止まらない作戦で、行動できたことだ。
三時間動き続けることはできることもわかった。
ルートミスを除けば、ぬかるみの急斜面で転けまくったのは走り方を考えた方が良いかも知れない。
併せて、靴のグリップも気にしたい。

たくさんのファミリーや老若男女が楽しんでいるこの競技は本当におもしろいと感じる。

そして今年も阿闍梨がアツイね!

終了後、泥を流し、ルート検討会。
実にためになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)