天気

2009年12月21日 (月)

【薄皮セッション】南魚沼産粉雪堪能記

【薄皮セッション】南魚沼産粉雪堪能記
【薄皮セッション】南魚沼産粉雪堪能記
【薄皮セッション】南魚沼産粉雪堪能記
ようやく訪れた寒波にウキウキの週末。
残念なことに二つともの大会に出れなかった。
一つは国内初戦のUPC。今シーズンのレースを左右するかみしれないレースだけど仕事の関係でBNKのため断念。
それではと志賀の異種格闘のダウンヒルレースを検討してたけど全体的に高いなと躊躇してモタモタしてたら申込期限辺り仕事忙しくて申込を忙殺してしまった。

そんなことで、薄皮セッションさせてもらう。


●12.18(金)
BNKは意外と盛り上がり、二次会が終わって帰宅は2400を回る。
スキーの準備はできてない…。
ブーツは車にあったりして、寝る迄に時間がかかる。
床についたのは二時半過ぎ。
起床は0330…。


●12.19(土)
0400待ち合わせでエイキチさんにピックアップしてもらいロシ宅へ。
予定より早く到着し、5時過ぎに出発する。
本日は八海山とした。
まずは雪国に入る前駒寄で着替えるため高速を走る。
寝不足だったので、後部座席で軽く寝させてもらう。
雪国に入るとなかなかの降雪。
9時過ぎに八海山に到着すると、金龍一派に出会う。
今日の板はイキ。今年のメイン板(パウダー・フリーライド系)でディメンジョンも最も扱いやすいものだ。
1000から動きだすと言うゴンドラが動きだすまで2本ほど滑り、ゴンドラに突入。

とりあえず、ノートラックのもりもり新雪バーンにドロップイン…
…するが、重い。
急斜面もスピードが出ない。
…って最初の斜面変化でスタックしてしまう。
腰パウで斜度のあるところで下向きにスタックしたため脱出に時間がかかる。

その後も何度か内スキーを刺してスタックをしたり後乗りしすぎて尻もちついたりしながらなんとか滑る。
さすがにセンター80cmでは浮力は小さいのでマテリアルの助けは少なめだった。
結局午前中にゴンドラ3本回し悪戦苦闘。
やってるうちに、雪も適度に潰れてきて、重心移動や板の操作にも多少小慣れてきて滑れるようになってくる。
雪が潰れてスピードに乗りやすくなったのが一番大きいのだけど。
何度も転けてゴーグルは既に視界不良だが、何となくの地形情報から後乗りにて対応する。

途中で、金龍会、バム=アキパイ家と出会う。

お昼は休憩所でいただく。
体は冷えていたが、悪雪で暖まるだろうと一枚脱いで午後からまたゴンドラ。
さすがに午後は柔らかい悪雪で滑りやすく徐々に小慣れていく。
Rosiさん、u-jさんは言うまでもなく、けんじさんはかなりの変わりよう。そして確実に変わったのがエイキチさん。PJさんも睡眠不足で午前中休憩してたが午後からなんとか滑り悪雪にも小慣れてくる。

エイキチさんはまさにサイコメトラーの名を受け継ぐにふさわしい変わりよう。
何だかんだ、午後からも3、4本くらいゴンドラを回して終了

ギリギリまで滑りはしなかったが、1530くらいにあがる。

1630くらいまで、べたべた雪で濡れたものを多少乾かしながらおしゃべりする。

適当に乾いた頃、そろそろ休憩所も閉まりそうな予感だったので温泉に移動。
一時間チョイの移動で小千谷の道の駅で入浴するが、うっかりハイコスト(\900)。
さらに移動はしんどく渋々入浴。
そのせいか、露天風呂で長話をして体中ふやける。

結局お風呂を出たのは八時過ぎ。
みんなで勝龍でドッカンラーメンをいただく。
満腹ゲプー。
閉店間際のイオン(だったっけ?)に駆け込み、打ち上げの一杯と翌朝のご飯を調達。
道の駅に戻り、雪を踏んで場所を作り、雪下ろしをして軽く飲む。
0時にお開きして就寝。

●12.20(日)
明日6時前に除雪の音と、ピカッと言う光、そしてなぜかクラクションで目が覚める。
6時10分、エイキチさんがムクっと起き出してさっさと準備する。
自分も慌てて準備をする。
降雪はすごい。
外に出ようとしたエイキチさんが止まる。
ドア、凍ってますか?
とその自体をまだ想定してない自分。
雪が、ドアを封鎖していたのだ。
なんとかエイキチさんだけが外に出て除雪。
車を除雪済エリアに移動して初めて外出可能。
写真は残るロシ号の様子。
6時間前は雪はほとんどなかったんだけど…

フロントを除雪してなんとか脱出。
朝の除雪に20分くらい要しそれから朝食。
自分は薄皮クリーム…。

予定より少し遅れて、奥只見へ。
さすがに駐車場は満車。
だが、いつもよりは少ない様子。
ちゃっちゃと準備して、ゲレンデに向かう。
昨日とはうって変わって無風晴れドライパウダー。

今日もイキで滑る。
既に上のレフトを3本回していると言う、マコトチームと合流し一緒にゲレ脇のオフピステを滑る。最初はノートラックも残っていたが徐々に荒れて、柔らかい不整地で色々試すことができた。
途中でshoziiさんとも合流し総勢10名の大所帯チーム。
テレ率も9割とイイカンジ。

斜度も適度にスティープな箇所もあって、雪の深いところもあって、やられまくって来た。
今日も絶好調はエイキチさん。
ついにサイコメトラー・エイキチの名を欲しいままに縦横無尽に走破する。
カッコイイ!

太板のu-jさん、マコトさん、Rosiさんは快調に滑る。
アルペンのヤジーも難なく降りる。
けんじさんは昨日の成果が出て問題なし、PJさんは疲れからか多少苦戦するがちゃんとついてくる。
shoziiさんは既に体力が…とか言いながらも問題なし。
のびさんはゲレンデではうまいがパウダーで活かせてないので、最初に自分のわかる範囲のコツとか気を付けることを論理的に簡単レクチャー。
そして、転倒しながらも何かを掴みかけたところでRosiさんからの改善ポイント講習。
おかげで、朝一とは間違えるほど余裕が見られるようになった。
午後からは多少太い、長い板で滑りマテリアルの不利を理解したようだ。
技術でカバーはできても、マテリアルなりの事しかできないのも事実だし、最初に何かできるようにならないとなかなか技術向上はしないもの。

山頂からの景色もすばらしかった。

自分は、時々大回りをしながら軸のリーニングを強くして、深いターンのための体の動きをイメージしたりしてバリエーショントレ。悪雪も体の動きを考えながらじっくりと練習…。
ある程度小慣れたらもう少し板を下に向けなきゃダメだね。
後もう少しターンのリズムを一定にしていきたいね。
まだまだ練習だー!


何だかんだ不整地を中心に結構滑れた。

パトロールの方で一人、去年パーマークの試乗会で知り合った方でちょっとご挨拶できた。


1530にあがり今回はバンカツでフィニッシュ。

なかなかの遠征にもかかわらず、2330過ぎに帰宅でき、洗濯放置、濡れモノ干しまでやってなんとか2時になる前に寝られてよかった。

今回も快適なトリップであった。
エイキチさん、お世話になりました。

皆さん、またよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

二度寝が恋しい季節

二度寝が恋しい季節
になりました。

昨日まで九州放浪してましたが、東京は結構寒くなったなと感じました。

この週末にきた?寒波のせいだと思うけど気温は確実に下がってきてるなと感じました。

そんなわけで今朝は二度寝を後二時間したかったです。
布団から出たくありません。

って事を考えるようになったのはやはり秋も終盤って事なんですね。
この冬は、いったいどんな出会いがあるのか本当に楽しみな時期です。


そして今が一番準備に忙しい時期かも知れません。
マテリアル、フィッティングとか質感とかちゃんとわかってればオンラインオーダーでいいけど店も少なく、アイテムもそんなに充実してないのでかなり足を使わないといけないのが大変。
ビジネスマンにとって時間は最も大切だから。
トレーニングもあんまり休めない中でやり繰りするのが大変。

仕事中に店に行くくらいしなきゃね。


水道橋勤務の時が良かったなぁ。

そういえばそろそろ狭山ナイトが始めるのかな。
うにかさんからお誘いが来てたわ。

じゃ、とりあえず今週行きますか。
マテリアルは粛々と準備しよう。

どうでもいいけど今日はPASTA-YAで「若鶏とキノコのポルチーニクリームソース」(790円)をいただきました。
普通に楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

無計画放浪記 3 日目(探険①景)

無計画放浪記 3<br />
 日目(探険①景)
無計画放浪記 3<br />
 日目(探険①景)
無計画放浪記 3<br />
 日目(探険①景)
今回のメインイベントです!

大崩山(おおくえやま)へ足を踏み入れる時が来ました。

今回の放浪記冒頭で書きましたが、「そうだ○○へ行こう!」と決めたわけですがその裏では、九州でしかなくて価値の高い何かをしたくて、今年できなかった島走りの代わりを考えてました。
いくつか候補を絞って、決め手は「九州最後の秘境」と時に表現されるほどの穴場的な山って事でした。


本当はアケボノユリやササユリの季節が花はいいみたい。


行ってみて、そのアプローチ(まず登山口まで)の大変さからも秘境にふさわしい。

そして標高はわずか1,643mにも関わらず激しい急登、管理不十分のためか登山道を示すテープやリボンが見つけにくく、誤った道に踏み跡が多く残っていて道に迷いやすい。

切り立った巨大な岩から臨む紅葉の景観は最高でした。

うねりのある強い風がさらに環境を厳しく非日常感を強めてくれます。


コース的には、全体的に谷川ぽく、急当は多少縮小した黒戸尾根、山頂は檜枝岐とかあの辺りに近いイメージでした。

前半は変化のあるトレイル、一ヶ所渡渉、急登。
後半はラダー、ロープ、岩。
頂上付近は笹。

でした。

とにかく秘境を堪能できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

無計画放浪記 2 日目(周遊③食)

無計画放浪記 2<br />
 日目(周遊③食)
無計画放浪記 2<br />
 日目(周遊③食)
無計画放浪記 2<br />
 日目(周遊③食)
長崎、佐世保にて

佐世保バーガーとかいうのを食べてみておくかってことで、有名なハンバーガーショップヒカリに行くが定休。

気をとりなおして西海パールシーリゾートに行くと、佐世保バーガー売ってたのでいただく。
マリーナを観たりしてまったり過ごす。
うまかったなぁ。景色良かったなぁ。

最近できた施設にはイルカショーみたいなのやってるみたいよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無計画放浪記 2 日目(周遊①歩)

無計画放浪記 2<br />
 日目(周遊①歩)
無計画放浪記 2<br />
 日目(周遊①歩)
無計画放浪記 2<br />
 日目(周遊①歩)
朝から太宰府巡り。
雨降ってたけど強行。

人も少なく、良かった。


太宰府天満宮、太宰府政庁跡、戒壇院、観世音寺等を中心に散策した。
光明禅寺はまだ開いてなかった。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月 9日 (金)

蒼天

蒼天
台風一過、まさにそれを感じる瞬間。

東京の空とは思えない映える青、塵や埃が一掃されたのかしらとさえ感じる。

おかげでちょっと日差しがキツく感じますがね。


写真は何もない空の様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

雨の一日

今日は、朝からショッピング。
一応、念のため見に行ったけどたいしたものなかった。

ベルト一本、ネクタイ一本、ショーツ一枚、シャツ一枚で計6000円の出費。
ま、こんなもんでしょう。

その後コレドでランチをいただき帰宅。

雨の中のショッピングは、意外と快適だったけど、靴もパンツの裾も濡れてちょっと大変だった。

午後から勉強の予定だったけど、激しく眠ってしまった。

遅れたけど今夜、また勉強だね。
来週のは大丈夫だろうけど再来週のほうがちょっと気になるので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

薄皮セッション燧ケ岳、吹雪

薄皮セッション燧ケ岳、吹雪
薄皮セッション燧ケ岳、吹雪
薄皮セッション燧ケ岳、吹雪
薄皮セッション燧ケ岳、吹雪
薄皮セッション燧ケ岳、吹雪
薄皮セッション燧ケ岳、吹雪
今日は薄皮セッション、燧ケ岳にBCTS

メンバーはロシさんとけんじさんの三人。
なんか、気楽なパーティでシーズンの締めにはちょうどいい感じだった。

朝から檜枝岐に向かい、国民宿舎御池ロッジの駐車場から登り始める。

ロシさんからは、ナメてかかると痛い目に遭うと聞かされるが標高差は800mくらいと言うことで軽めの通常BCくらいだろうと思いながら着いていく。

いきなりの急登に、おおっ!なかなかいい感じの斜度の登りが来るじゃない
と気持ち良く汗をかく。

途中三回ほど急登が有り、グサグサ雪に苦戦を強いられるがなんとか登りきる。

苦手な斜め登行も滑りながらも頑張る。
けんじさんがやはり苦戦してたが、前日の飲みのため疲労が激しくいつものパフォーマンスが発揮できてなさそうで大変そうだった。
なんとか俎嵓、柴安嵓とピークを登り記念撮影。
山頂はなぜか降雪があり、しかも吹雪だったため尾瀬の景色がちゃんと見えなかったのは残念だったが雪質もよく楽しい滑走ができた。
ピークからは、尾瀬沼や至仏山が見えた。

東田代下で主にも会うことができ、感動した。

二つのピークの間で、僕とロシさんはスキーで滑ってみたちょっとスティープな斜面、けんじさんは『池田屋階段落ち』のような激しいスケルトンを披露してくれた。

燧ノ湯に入り、味噌ラーメンをいただき満足の一日だった。

またセッションしましょう。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

今の田沢湖

今の田沢湖
今の田沢湖
あの日の光景が再現されてます。

何だかハイシーズンの田沢湖はこんなイメージだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

降る場所考えて!

降る場所考えて!
高速道路はやめて欲しいなぁ。
降らないよりマシとはいえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧